スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
Intercontinental hotel,Hong kong

今回、どこに宿泊するか迷った香港のホテル。

ビクトリアピークからの夜景もいいけど、
なにせ前回行った時、登るのに大変な混雑だったので、もう登りたくない・・・

というモノグサな理由で、九龍側から香港島の夜景を観ることに決定。

インターコンチネンタル香港のジュニアスイートに宿泊しました。



インテリアもシックにまとまっていて、広さも充分。バスルームもゆったりしていました。

窓も大きくとられています。夜は、夜景がバーンと見えるので壮観。

次回もまたここに泊まりたいなあ。



日常から完全に離れられる時間。

何もかもが、ゆったりと流れてゆく贅沢ってあるんだなと思いました。

普段の生活では、つい、目の前のことばかりに一生懸命になってしまいがちだけれど、
日常を離れて何日か経つと、自分や人生に対して俯瞰視できるようになるのが不思議だった。

こういう息抜きは客観的な視点を取り戻すのに有効なのかもしれない。



時間の余裕があったせいか、のんびりした滞在ができました。

香港&マカオ旅行記はこれにて終了〜。

| 2009 香港&マカオ | 14:07 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
The Westin Resort, Macau
マカオではウエスティンに宿泊。

このホテルには、カジノがありません。そのかわり、リゾート仕様。



なぜこのホテルにしたかというと、ホテル併設のゴルフ場があるからです。
最上階から直接ゴルフ場に行けるという素敵な立地。
しかし、ゴルフを予約した日は雷雨だったので出来なかった(涙)

海に向かって打つという、不思議なゴルフレンジもありました。
(海に落ちたボールはどうするのかというと、小船に乗った人が網で救ってた。
ボール当ったらどうすんのかしら・・・)

他のホテルのような華美さも特になく、実にのんびりした雰囲気。鳥のさえずりが心地よい。



こんなスペースもありました。




グランドデラックスルームに宿泊。広いし、なかなか良かったです。

ベッドの上でゴロゴロしながら夫婦でハマったもの・・・それはディスカバリーチャンネル(笑)
「TREEMAN」を観たかったけど放映日じゃなかったので観れず、残念だ〜
普段あまりTVを観ないせいもあって、妙にこのチャンネルが新鮮だった。




3階のポルトバー、3泊したのですが、毎晩通ってしまいました(笑)
一番奥の部屋のソファーがリラックスできて◎。

バーテンダーも流石に顔を覚えたらしくて、「今日はどこいってきたのー?」と笑顔。

ウエスティンはカジノは日帰りでいいや、という人向け。
マカオ中心部からは離れているので、ホテルのシャトルバスを利用すると良いと思います。
前述のフェルナンドはタクシーで気軽に行ける距離です。

JUGEMテーマ:旅行
| 2009 香港&マカオ | 16:55 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
YEE SHUN MILK COMPANY
マカオに引き続き、香港編。

銅鑼湾を歩いていると、不思議な看板が目に入った。



「生姜味の牛乳プリンもある。」

そう言い切られましても(-_-;)

中をのぞいてみると、ローカルの人々で混雑しているようだ。
きっと、美味しいに違いない。よし、入ってみよう!メニューさっぱり読めないけど。

牛乳プリンを指差し注文。単純に甘味を欲していたので、生姜味はパス。



一口食べて、「あつっ!!」

牛乳プリン、とても熱い。冷たいものだと思い込んでいたので、驚き。少々やけどしました。
でも、とても美味しい。くせになりそうだなぁ。

帰国してから調べてみたら、香港に何店舗かあるみたいですね。

引き続き、歩いていると、声をかけられた。

「〇×△◇☆・・・?」←中国語がわからない私にはこんな感じに聞こえる

どうやら道を聞いているようだ。なぜ、よりによって私に(-_-;)

そういえば、マカオでホテルのシャトルバスを待っているときも、
中国人らしき家族に話しかけられた。

「〇×△◇☆?」

英語でウェスティンホテルのバスはここだよと答えたけれど、
どうやらそのおばちゃん達、英語はわからないらしい。
どこのホテルに行きたいの?と聞いても駄目だ。

「〇×△◇☆?〇×△◇☆〇?×△◇☆〇×△◇☆?」

おばちゃん、たたみかけるように聞いてくる(-_-;)マジでわからねぇ

うーむ。仕方が無い。奥の手だ。

「ここにはウェスティンホテルのバスが来るよ。どこのホテルに行きたいの?」←日本語


秘技:日本語返し。

(英語が通じない相手を混乱に陥れる技。ドラクエでいうメダパニ的な。
しかし、相手も日本語がわからないなりに理解しようとして単語だけで話してくるので、
かえって意思の疎通が図れてしまうことが多い。素敵。)


おばちゃん、はっとして止まる。
「しまった、こいつは中国人じゃなかった・・・!」というのが表情にありありと見えてオモロイ。

私にも通じそうな単語を搾り出してきたのだろう、「〇×ホテル?〇×ホテル?」
と聞いてきたので、ここじゃないよと教えてあげたら、感謝して去っていった。
どうやらご納得いただけたようだ。


銅鑼湾のレストランのトイレで並んでいたときも
後ろで並んで待っているおばちゃんが「「〇×△◇☆」となにやら親しげに話しかけてきた。
多分、「トイレ長いわねー」とかそういう雰囲気。
しかしさっぱり中国語がわからないので、

The 微笑み返し。

大体これでどうにかなるんだけど、その時は裏目に出た。

「「〇×△◇☆、〇×△◇☆〇×△◇☆」

なんかローカルの人だと思われてる?すっごい親しげに話しかけてきた!

わ、わからねぇー、トイレ早く開け・・・・・!
微笑返しの術はそうそう長く効かないんだよ!トイレ!トイレ!

という出来事がそういえばあったなあ・・・・(遠い目)


で、最近気付いたんだけど、シンガポールに行ったときもそうだったんだけど、

私の場合、
眼鏡をかけていると「Are you Chinese?」と聞かれ、
眼鏡をかけてないと「Are you Japanese?」と、必ず、聞かれるのだ。

そうか〜。判断基準は眼鏡か〜。と妙に納得したのでした。


ちなみに、今朝は、駅でアメリカ人に小伝馬町に行くにはどうしたらいいか聞かれた。
考えてみたら、日本でも私はよく人に道を聞かれる。本人が方向音痴だというのに・・・!

単純に、日本とか海外関係なく、「話しかけやすい人」に見えるのかもしれない。
なんか書いてたらそういう気がしてきた。

JUGEMテーマ:旅行

| 2009 香港&マカオ | 14:55 | comments(5) | trackbacks(0) | pookmark |
RESTAURANTE FERNANDO
毎回、旅に出ると必ず一箇所だけは、強烈に印象が残る。

そしてそれがその旅の代表的な記憶になる。

それは

シンガポールのスリヴィラマカリアマン寺院で熱心に祈る人々の横顔
ソウルで真剣に恋の占いをしてもらっている若者達
カンクンのイスラムヘーレスの断崖絶壁から観た、恐ろしく透明度の高い海
香港の女人街の両腕両足を無くした物乞いの男性
ビンタン島でプールサイドを覗きに来たイグアナ
パリのポンピドゥーセンターの前で濃厚なkissをする美男美女
コタキナバルのサピ島の死んだ珊瑚達
台湾で強烈な台風の中食べた小龍包
ロンドンのバーの怖いくらいに笑顔ゼロのバーテンダー

色々、色々。


で、今回、マカオで一番印象に残ったのは、ココ、
RESTAURANTE FERNANDO(法蘭度餐廳)。
ポルトガル料理のレストラン。

泊まっていたウェスティンホテルから近かったので行ってみたのだけれど、
“美味しいものを惜しみなく”というメッセージがガツンと伝わって良かったです。

一皿目。



にんにくが効いていて、このボリューム!昼間だけど、ワイン飲んじゃおう。
パンにこのソースがとても合うのね。と、止まらない・・・♪


二皿目。



これまたパンに合うわー♪
しかし、二人で食べるにはちょいとボリュームが大きすぎて、
既に若干おなかがいっぱいになってきた・・・どうしよう?


と思っていたら、三皿目。




うっ!胃が!胃が悲鳴あげてる!

普段沢山食べる夫でさえ、「あ、油が・・・」と弱音を吐く始末。
とても美味しいんだ、とても美味しいんだけど、まさかここまでボリュームあるとは思わなんだ。

フェルナンド、恐るべし。



おいしそうな香りにつられてワンコもやってくる。
欲しそうな顔してじーっとずーっと見ている。
(しつけられているのか店内には絶対に入らない)

凄く美味しくてのびのびしている雰囲気でした。普段着でフラっと訪れたいお店。
食後は毛穴からオリーブオイルが染み出してくる錯覚に陥るけど、きっと後悔しない。
マカオに行く方は、是非。

JUGEMテーマ:旅行
| 2009 香港&マカオ | 11:20 | comments(2) | trackbacks(1) | pookmark |
ただ、あてもなく
マカオは、世界遺産が小さな面積に沢山あるということで有名なのだそうだ。

しかし、特にこれといって目的地を持たずに(何も考えてなかったともいう)歩き回っていた私達。

おかげでカメラにはその世界遺産達はほとんど記録されず

なんとなく気に入った小道や



クーロンズゲートファンの私にはたまらない風景や



あつあつのエッグタルトをほおばりながら振り返った景色や



ホテルなのか何なのか分からずじまいの建物などが



ただ、延々と記録されているのであった・・・。


(世界遺産の写真を楽しみにしていた母よ・・・ごめん)

JUGEMテーマ:旅行
| 2009 香港&マカオ | 18:16 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

RECOMMEND

CALENDAR

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

RECENT COMMENT

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

PROFILE

RECENT TRACKBACK

LINKS

SPONSORED LINKS

MOBILE

qrcode

SEARCH