台湾3日目。

朝、起きたらなんだか暗い。

「どうしたんだろう?」と思ってカーテンを開けると・・・

シャッターが落ろされていた。

「なんだなんだ?」と、TVをつけてみると、

台風 台北 通過

という文字が。


なぎ倒されまくる鉢植え達。

午前中ぐらいまでなら、なんとか外へ出ても大丈夫そうだ!
ということで、


まずはしっかり腹ごしらえ

更に、人気のカキ氷店「ICE MONSTER」でカキ氷を。
看板を見ると、沢山のフルーツがかかっていて、とても美味しそう。



そして、デカイ。二人で食べるのが精一杯。
マンゴーがとても甘くってとろけそうでした。



そして、お茶を買う。



店員さんが丁寧にお茶の説明や試飲をさせてくれます。


いっぱい並んでて可愛い

終わったら、雑貨を買いにスーパーへ。
生鮮食品売り場に、蟹が生きたまま売られていました。



「トイレに行って来るね」と、友人と離れて5分。

停電に。ワーン!

10分後、復旧。

タクシーに乗れば、折れた木の枝がタイヤに刺さって立ち往生。

電車に乗れば、途中で止まる。

地下鉄の入り口では、台風の浸水を防ぐため、砂袋を積み上げていた。
そこへ、突風が!

天井の通気溝のフタ、落下。ドギャーン!

折りたたみ傘を開いた瞬間、一気に骨が2本折れる(笑)

これは本格的にヤバそうだ・・・と、タクシーを捕まえてホテルへ。

ホテルの前に着くと、そこには
折れた大木が、車の上に落ちてしまい、コナゴナになった車が・・・。

あぁもうこりゃプチ災害。

ということで、3日目の午後、予定していた玉市とフカヒレ料理は、中止となったのでした。

またいつかリベンジするぞー!

朝は、お粥街へ。



豆漿(写真右)、激ウマ!!ふわふわしててとても美味しい!
日本のお粥とはまったく違う、ふんわりスープって感じ。
お値段は20NT$(70円)。小龍包は70NT$(245円)。安っ。
300円で毎朝これが食べられるなら、私ここに通うわ。

考えてみれば、台湾もシンガポールも、中国人が多いので
ホーカー(屋台)が本当にあちこちにある。
共働きが基本の国民性なので、料理をしなくても手近に手頃なものが溢れている。
これは、女の人にとっては負担が少なくていいだろうなあ〜。
スイーツもいっぱいあるし。

この日はお約束の観光、台湾民主記念館(旧中正紀念堂)へ。



本当は、ここで衛兵交代を観るハズだった・・・が、
改名の為、今では儀式は中止になったそうな。それにしても、広いなー。

そして、故宮博物院。



こうやって写真を観ると、建築の中心点、ずれてないかい?

膨大な展示物、最初はそんなに興味無かったんだけど、
徐々に食い入るように観てしまい、足がパンパンになるまで歩き回った。
4階のカフェ「三希堂」で阿里山茶を飲む。私はこのお茶、好きだなあ。
お菓子をつまみながら、友人が「私は明の時代の食器がスキだなー」と言うので
「私は宋の時代がいいなー」と謎会話。
館内もとても綺麗で、観やすかったです。日本語音声ガイドは必須だね。

道中、通りすがった市場で観た光景。



鶏が檻に入っており、上でバサバサとさばいている。
うーむ、新鮮なまま買えて良いけれど。
「コケーッ」とか鳴いてると、見てて苦しいものがあるぞ。

市場の向かいの公園にあったもの。さて、これは何でしょう?









答え:肩こりを治す健康器具。

早速、使ってみましたが、結構効く!(笑)
両サイドのハンドルをにぎって、同時にグルングルンと回すのです。
肩甲骨の運動に良い感じ。
ところどころの公園で見かけましたが、使ってる人、結構多かったです。
日本にもあったらいいのになあ。

台湾へ行ってきました!

午前便で行ったので、到着してから時間の余裕があったので、友人のお勧めの、新北投温泉へ。



日帰りの公衆浴場、水着着用必須。しかも混浴
ビキニで行ったら、台湾のオジサンの注目の的になってしもうた(笑)

それにしても、水質がすごーく良かった。効能がありそうな肌触りと硫黄臭。

ひとっ風呂浴びて、夜は士林夜市へ。



まさにアジアっぽい屋台街。八角の臭いがすごい。



私的Hitはこちら。愛玉(あいゆい)。レモネードに入ったぷるぷるゼリー。



目の前でガンガン作られていく肉まん。食欲がそそられます。



おなかもいっぱいになったところで少し歩くと、マッサージ屋さん発見。
足裏・肩45分で600NT$(2100円)。
痛いツボもあったけど、気持ち良い。
日頃たまっていた疲れが流れ落ちていくようです。



おなかも体も満たされたところで、ホテルへタクシーで帰ってゆっくり。
泊まった老舗ホテルは、古さが若干目立つものの、異様に広くて開放感。



食い倒れの日々はまだまだ続く・・・。

1

PR

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM