スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
アンサナリゾート その2
なんだか台風、凄いですね・・・

元々東北に住んでいたので、台風にあまり馴染みがないため、ちょっとビビっています。
なんだか物凄い勢いで窓がガタガタって揺れてる。
ダンナも出張から無事帰ってこれるだろうか。羽田で足止めになるような予感。
皆様も、くれぐれもお気をつけてくださいね。

さて、夏休みの旅行の記録、すっかりサボっていましたが最終回です。
この日は、少しお天気が曇り気味。



あ、少し曇ってきたかなー?と思うと、パラッと雨が降って、少しすれば晴天。
南の島は、やっぱりこうじゃなくちゃね。



日差しが結構きつくなってきたので、本日はカバナにて読書。



寝ころんで空を見上げる。・・・こういう何にも考えない時間が至福のとき。



こんな感じでウダウダしつつ夜はケロンへ。



ここのチリクラブは美味しいです。
ただ、やはり中華なので、二人で食べるにはスモールサイズじゃないと食べきれない。



アンサナリゾート、今度はいつこれるかな。
豪華ではないけれど、シンガポールの都会に疲れたら、ひと息つきに来たいリゾートです。
JUGEMテーマ:旅行
| 2011 シンガポール&ビンタン島 | 20:16 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ビンタン島 アンサナリゾート
ゴルフが終わったら、ホテルへ。
宿泊したのは、1bedroom suiteです。

最初、アンサナの隣にあるバンヤンツリーに宿泊しようと思っていたのですが、
お得なパッケージを見つけてしまい、アンサナに即決(笑)
「Above The Rest」というパッケージで、HPから直接予約しました。

内容は
・1bedroom suite×2泊
・朝食付
・アーリーチェックイン9:00から、レイトチェックアウト18:00までOK
・ビンタンフェリーターミナルとホテル間をプライベートカーで送迎
・ミニバーフリー
・3コースセットディナー、ワイン1本付
・アンサナスパにて150分エステ×2人分
という、大変盛り沢山な内容。これで税込USD1072なんて、お得だわん☆

さて、お部屋に参りましょう。まずは、リビング。



シンプルながら、使い勝手よし。
写真には映っていませんが、手前にはキッチンもあります。
このソファーが大きくてふかふかでくつろげて、夫婦共にお気に入りでした。



そして、ベッドルーム。個人的には、ベッドがもう少し大きかったら良かったなー。



少し疲れたら、ベランダにてジュース飲みつつのんびり。



ついついだらけてしまい、あっという間に時間は過ぎて、気付けば、夜。
プールもライトアップされて、綺麗!
こういうのを見ると、リゾートってやっぱりいいなぁって思う。



さて、今回、パッケージに入っていたディナーをいただきにまいりましょうかね。
所詮パッケージのディナーだもん、たいしたことないじゃろ〜
とか言い合いながらレストランへ到着。



名前を告げると、他のゲストがいる席とは全く違う方向へ案内される。
「???」頭がはてなマークでいっぱいになりながら
言われるままについてゆくと・・・

なーんーとー! 海辺でのプライベートセットディナー!(笑)



とってもロマンチック&ムーディすぎて、見た瞬間、
「こっ、これは・・・!」と戸惑い、笑いまくる我々(笑)
20代のハネムーンとかならラブラブって感じだけど、こちとら三十路やねん(笑)
夫は「60歳とかになってからこういうのをやるってほうがかえって素敵」と
言っていたので、成程そうかもなぁと思った。

でも、ワインもディナーもとっても美味しかったので、
最初に所詮パッケージのディナーとか言ってて正直すまんかった。

すぐそばには波の音。頭の上には満天の星。

こんな素敵なシチュエーションで甘い言葉を交わすでもない
夫(39歳)&私(33歳)の三十路ーズは、
流れ星が流れる度に「もう少し夏休みが欲しい!」だの「TOTOあたれ!」だの
色気とはほど遠い欲望をダダ漏らしながら、酔っぱらってゆくのであった・・・。



人に聞かれたくない願い事を流れ星にお願いしたいときに、
プライベートセットディナー、お勧めです(笑)

JUGEMテーマ:旅行
| 2011 シンガポール&ビンタン島 | 22:13 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ビンタン島・アンサナリゾート再訪


シンガポールからフェリーで50分。アンサナリゾートに再訪しました。
前回は2007年、夫との初めての旅先がここでした。



相変わらず、こじんまりとしていて居心地良し。

当日は、少し早目にチェックインしたので、ゴルフをしに行きました。
と、その前に。おなかが空いたので、お食事です。
ゴルフ場併設の、解放感あるレストランでランチ。



軽くしとけばいいのに、ついついワインを一杯いただいてしまい・・・
海越え(砂浜越え?)のホールで夫婦共々惨敗(笑)



正午からスルーでまわったので、気温も暑すぎずで丁度よかったです。



JUGEMテーマ:旅行
| 2011 シンガポール&ビンタン島 | 22:33 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
シンガポールでお試しホテル

今回のシンガポール滞在では、今後一人旅でも使えるかも?というたくらみを胸に、
色んなホテルをお試しで泊まり歩いてみました。
今後、多分グレートシンガポールセールとかで一人で来ることになりそうな気がしたので。
なんで一人?って夫にも聞かれたけど、夫とはリゾートでのんびりしたいし
本気の買い物なら一人でウロウロ歩きまわりたいというのが本音だったりする。
そんなわけで、夫に付き合ってもらって色々泊まってみましたよ。

一泊18000円くらいで綺麗で清潔であればヨシ、という単純な括りで突撃。
二人で旅するなら、もっとゴージャスでうっとり出来るところがいいけど、
私が一人旅する時は、大体予算は一泊15000〜18000円ぐらい。
宿泊先がある程度リラックスできる場所じゃないと心身共に疲れてしまうし、
かといって一人で一泊20000円以上はなんとなく気がひけてしまう小市民の為、
この金額で落ち着いています。

まず、一軒目は、クラウンプラザ・チャンギ・エアポート。
シンガポールのチャンギ空港併設のホテル。
丁度、夜着だったので、そのまま泊まってみましたよ。

お部屋は広々、スリッパが無いことを除けば、なかなか使い勝手良かったです。
レストランAzurの朝食ビュッフェは、充実していてとても美味しかった。
写真撮るの忘れたけど、プールも広々していましたよー。



ただ、なんでしょう、リビングからバスルームが見えるという。
勿論、ブラインドを下ろせばお互いに見えないけど・・・
たまにデザインホテルでこういうのあるけど、お、落ち着かね〜!(笑)



ハイ、気を取り直して二軒目、ホテル・フォートカニング



2010年オープン。フォートカニングパークの中にあるホテル。
第二次世界大戦中はイギリス軍極東司令本部となっていたそうで、
歩いてゆける距離にバトルボックス、国立博物館、プラナカン博物館があるので
時間があるならゆっくり見学するのもいいかも。
最寄駅はドービーゴートですが、歩いていくには、かなり遠い。
夜一人で出入りするには、治安は悪くないけど真っ暗なのでタクシーじゃないと多分怖いと思う。



外観はコロニアル様式で歴史ある雰囲気・・・と思いきや、意外に中はお洒落。



フロント横のラウンジではコーヒー・お茶等がフリーで便利。



へぇーとか言いながら部屋に入って目にしたのは



・・・・・・・うん。度肝、抜かれたね(笑)斬新すぎる・・・。



某口コミサイトで日本人のコメントがほとんど無かったのに納得。
いやー、適当に決めるとこうなるね。リサーチ大事ね。わははは!
と夫と二人で爆笑したのでした。

そんで、三軒目、Oasia Hotel。 ノベナ駅出てすぐ。
お部屋の中はとってもシンプルだけど、ソツなく快適ー♪
いやー、やっぱホテルはシンプルで落ち着ける間取りがいいわー、ずびび(茶をすする音



ノベナ駅は観光場所は特にないところ。周囲は大きな病院などが多いのですが、
ホテル真横にノべナスクエアという大きなショッピングセンターがあるので、
買い物には全く困らない。パン屋さんなんかもあって楽しーい♪
ちなみに、ノベナスクエア地下がMRT直結となっておりまーす。

高層ホテルなので窓からのぞくと結構ドキドキ。



結論:もし一人でシンガポールに来るなら、このOasia Hotelに泊まると思う。

理由は、
1. MRT至近、オーチャード駅まで2駅と好アクセス
2. ノベナスクエアにスーパー・ドラッグストア・ファストフードなど沢山あるので便利
3. 2011年オープンなので新しくて綺麗、スタッフが優秀で気が効いてる

クラウンプラザも総合的にかなり良かったけど、連日滞在するには場所が不便だものね。
今回は泊まってないけど、以前泊まったパークホテル・クラークキーも一人で泊まるならアリかな。プールとか丁度良い広さでお値段もお手頃だったし。

というわけで、あれこれお試しした結果、
一人旅の滞在先として、今回はOasia Hotelに軍配を上げたいと思いまーす。

JUGEMテーマ:旅行

| 2011 シンガポール&ビンタン島 | 22:45 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
シンガポールで面白ワイン

シンガポールの夜景を堪能した私達。

さて、一杯やりましょうか、となったのですが
行こうと思っていたWine Garageというお店がどうやら定休日らしく
どうしよっかなーと思ってフラフラしてたら、面白そうなお店がありました。

VITRYというワインバー。

HPを見る限り、普通のワインバーっぽいですけど、面白いのは、これ↓



プリペイドカードを購入し、ワインディスペンサーから直接自分で注ぐシステム。
勿論、注ぐ量(25ml、75ml、150ml)によって金額が違います。
種類は、32種類、リーズナブルなものから結構お高いものまでバリエーション豊富。

最初は、なんじゃこりゃー、なんと色気のない・・・と思いましたが、
やってみると、アラ楽しい♪
毎回グラスを変えることができるし、飲みたくなったらささーっと注ぎに行けば良いので
スタッフを呼びとめることもなく、お互いに合理的(笑)
緑色の部分に、カードを入れると残高が表示されるので、
その範囲内で選んでボタンを押せばワインが注がれます。
勿論、隣にはワインの陳列棚もあるので、そこからボトルを選ぶこともできますよ。



これ、ワイン好きな同僚と仕事帰りに行ったらとっても盛り上がりそうだなあ。
恵比寿あたりに出来たら流行りそう、と思いました。

翌日の夜は、場所を変えてオーチャードロードへ。
マリオットホテルのクロスロードカフェでまたもやワイン。
ここはオープンカフェで外から見ると「落ち着かないかも?」と思いましたが、
なんのなんの、中に入ってしまえば丁度良い賑やかさでリラックスできました。



ここも、グラスワインの種類が結構あって大変良かった。
おつまみにチーズプレート頼んだら死ぬほど大量にサーブされて食べきれなかった。
ワインも陽気なスタッフにがっつり注いでいただきHAPPYな夜。

どちらのお店も、気軽に飲みにゆくことができるので、
気の置けない友人や恋人と一息いれるのにお勧めです☆

JUGEMテーマ:旅行

| 2011 シンガポール&ビンタン島 | 13:26 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

RECOMMEND

CALENDAR

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

RECENT COMMENT

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

PROFILE

RECENT TRACKBACK

LINKS

SPONSORED LINKS

MOBILE

qrcode

SEARCH