THE CHEDI CLUB AT TANAH GAJAH (2)

朝、少しだけ早く起きて、ヨガクラスへ参加。



普段、フィットネスクラブでやってるヨガクラスに比べ、
思ったより本格的なセッションだったので、体がひいひい言う(涙)

でも、こんなに目の前に解放感があるヨガスペース、そうはないと思う!緑が美し〜い。



心と体を平安に。グルが「enjoy your breath」と何度も言うのではっとする。

そういや最近、呼吸に意識を向けて集中すること、あんまりなかったな・・・。
頭痛が止まらなくなったり、胃腸炎になったり、片耳が聞こえなくなったり、
体は一生懸命シグナルを発していたのに、
日々の変化についてゆくことを優先して、体をおざなりにしてしまっていたなあ。
(注:今はもう全て大丈夫ですのでご心配なきよう)

ヨガのコンセプトには、スヴァダルマ svadharmaというのがあるのだそうです。
ダルマは「正道」、スヴァは「自分の」、ダルは、「堅固にする、維持する」という意味。

スヴァダルマとは、「自身が進むべき崇高な道」
スヴァダルマを発見し、それに沿う生き方をすること。
その過程において、自分自身に、社会に、そして世界にとって最善の結果をもたらす手段を理解しようとすること。

こうやって書いてしまうとなんだか途方もなく壮大なテーマに感じますが、
「自己受容へのアプローチ」としてヨガに取り組むことは結構いいかもしれない、
と私は単純に思いましたよ。

ああこりゃ、明日は筋肉痛になるに違いない・・・と思うほどみっちり鍛えていただき、
シャワーを浴びたら朝食へ。

レストランも勿論、田んぼの中にあります。



ガムランが鳴り響く中、このお座敷のようなソファ席でのんびり食事しました。
夜には、蛍が沢山飛んで、とても幻想的なひとときを過ごすことができました。


スポンサーサイト

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL