<< 15歳 | main | あったか夕ご飯 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
きっと、うまくいく
久しぶりにとても良い映画を観ました。「きっと、うまくいく




なんと、インド映画です。
正直に言うと、インド映画を観慣れていないせいもあって、
「インド映画=大人数で踊り狂ってる」ってイメージしか今までなかったんですが、
ホント偏見でした、ごめんなさい!

ストーリーとしては、インドの超難関工科大学に入学した同級生3人の、
・笑いあり涙ありの学園生活
・10年後の再会(行方不明となった友人ランチョーを訪ねるロードムービー)
が2つの軸となって展開していきます。

インドは人口が多いこともあり、学歴競争は熾烈なもの。
また、難関大学に入ったことで、学生が家族や世間から受けるプレッシャーは更に凄まじい。

点が取れればそれでいいのか?
自分の本当にやりたいことは何か?

うわべだけでなく、本質を見極めようとするランチョーの姿にはっとしました。

なんといっても、仲良し三人組の溌剌とした学園生活がまぶしく、観ていて楽しかったです。

しかしながら、やはりインド映画、
突然のミュージックシーンにはちょいちょい「おぉ・・・異文化ですなあ」
と感じる部分もあって、それはそれで新鮮で面白かった(たとえばこんなのとか↓)




学生時代、目をつけられていた(悪い意味でね)学長との確執、
自由人ランチョーと点取り虫サイレンサーとのその後、
ランチョーの本当の正体、学生の苦悩、恋愛、等々、
普通だったら、ストーリーが破たんしかねないテーマをてんこ盛りにしているのですが、
最終的に伏線をうまいこと拾ってまとめているところも素晴らしい。

インドでは2009年、日本では2013年に公開されていたみたいですね。
私的には、今年観た映画の中でNo.1です!
 
JUGEMテーマ:映画
| 映画&ゲーム | 12:30 | comments(2) | trackbacks(1) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 12:30 | - | - | pookmark |
コメント
>>だれずにラストまで持っていく構成が見事。
そうなんですよねー、この映画、結構長いですよね。
二時間半越えた時点でちょっとびっくりしましたもん。
でも、まだまだこの三人の姿を見ていたいなあ、と観客に思わせるところが流石です。

病院のシーンは胸に詰まるものがありましたが、
ラジューを想う皆の気持ちの温かさが伝わってきて、すごく良かったです。

後はラストシーンでランチョーが皆にビンタされるシーンがお気に入りです。
久しぶりに会ったのに、皆、容赦ない(笑)
その関係性の変わらなさが素敵だなぁと思いました。

きっとまた観ちゃう、この映画!
| ミナミリョウ | 2014/11/14 9:35 AM |
いや、これは良かったですよね〜〜。

長軸になると「こんなシーンいるか?」だったりするのに、
だれずにラストまで持っていく構成が見事。

わたしゃラジューを引き戻す病室のシーンで泣けて泣けて。

眼鏡美女も眼福で「あーるいずうぇ〜る」

しかし躍るマハラジャに比べると、
大分出演者が若返ったって感じですよね。アハハ。

橋田壽賀子はこれ観たら燃えるんじゃないかしら。

「わかりやすく楽しい。これよっ!!!」って。
うふふふふふ〜。

| kazoo | 2014/11/13 3:09 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://slowlearner0.jugem.cc/trackback/1410
トラックバック
きっと、うまくいく
「インド映画っていうとどういうイメージ??」?「そうねえまず、カラフル」?「うん」?「それから、ダンス」?「あーそうね」?「それと歌!!」?「うんうん」?「あと、人海戦術!!!」 ?「なによ、それ」?「だってインド映画ってがーっと人が一杯出てきていきなり…
| 映画に耽溺 | 2014/11/13 3:02 PM |

RECOMMEND

CALENDAR

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

RECENT COMMENT

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

PROFILE

RECENT TRACKBACK

LINKS

SPONSORED LINKS

MOBILE

qrcode

SEARCH