<< 5月10日 | main | 夏の終わりに >>
久しぶりに更新。

最近、blogが更新されてないけど、生きてる?

というお問合せをチラホラいただいたので、久しぶりに更新。

誰もココ見ていないだろうと思ってたけど、意外と見てたのね。

お気遣いいただいた心優しき友人よ、ありがとう。生きてます。

 

4月に父が亡くなり。

7月に義妹が亡くなり。

 

ここに何を書いたらいいのか分からない日々が続いていました。

 

当時、混乱する気持ちを吐き出していたものは、非公開にしていたので、

今更ではあるけど公開してみます。

今になって見てみると結構生々しい記録だな。

でも当時の本当の気持ちだから仕方ない。

 

父の死はショックだった。一緒に、私を取り巻く世界の色も無くなってしまった。

全てが鈍く、深く考えようとすると頭の奥が痺れるようです。

今でもまだ、父の人生について咀嚼しきれないでいる。

 

義理の妹の死はそれ以上にショックだった。

多分、私の人生の中で一番取り乱してしまったと思う。

情けないけれど、頼れるものには全部頼った。

義妹はこの世を去るには若すぎた。

義妹の死も勿論哀しかったが、

それ以上に、残された二人の息子や、愛するパートナー、義父母、兄である私の夫、

みんな本当に心優しい人たちなので、

その人たちが哀しい気持ちになるのを見ていることに耐えられなかった。

それは大切に想っていることの裏返しなんだろうけど、今でもただただ、つらい。

 

ただ、時間が少し経って、見えてきたこともある。

 

命に意味なんてないんじゃないか?ということ。

 

生きている人間が意味を持たせたいと思っているだけで、

命というものをぐーっと遠くから俯瞰して見たら、

そもそも意味なんてなくて、

 

種が育って花を咲かせて実を落とすように

太陽が東から西へ昇るように

 

人の命も単なる自然の摂理の一部でしかない、そう思うようになった。

 

生きる意味とか価値とか、

そんなものは生きている人間が後付けで欲しがっているだけで、

マクロ的な視点で見るとそんなのはきっと無粋なことなんだろう。

 

運命とか必然とかそういうものも同様に、単なる偶然に意味を持たせたいだけなんだろう。

 

だからこそ、単なる偶然の積み重ねで知り合ったあなたとの時間を、

とても貴重に思うし、慈しんで大事にしたいと思うよ。

 

現実とは残酷で、美しい。

この四ヶ月間、私を支えてくれた周りの皆に、感謝と愛を込めて。ありがとう。

 

2016/8/19 ミナミリョウ

 

JUGEMテーマ:日記・一般

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 日記 | 11:33 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 11:33 | - | - | pookmark |
コメント
とももん、コメントありがとう。
返事が遅れて申し訳ない。
20代からの付き合いだもんね、時間が経つのは早いね。
これからもよろしくです。
| ミナミリョウ | 2016/09/08 12:39 PM |
私も偶然にミナミさんと出逢えて、知り合えて本当によかったよ&#9786;
私の大事な友達になってくれて、ありがとう&#10071; 出会いに感謝っ&#10071;&#10071;
| とももん | 2016/08/19 4:46 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://slowlearner0.jugem.cc/trackback/1453
トラックバック

RECOMMEND

CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

RECENT COMMENT

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

PROFILE

RECENT TRACKBACK

LINKS

SPONSORED LINKS

MOBILE

qrcode

SEARCH