予定外のパリ泊となり、一夜明けて翌朝。

 

乗り継ぎカウンターの人が取ってくれたチケットは、朝7時台。

空港には余裕をもって二時間前には着いておきたい。

ということは4時起きか!(T_T)

 

更に、空港行きのバスが雪で遅れたりして

目的に着いてもいないのにヘロヘロであります。

 

そして・・・そして、

いざ出国!という段階になり、ふと時刻表を見上げた瞬間、

on time の表示が・・・パタッと canceled に変わったのであった(涙)

 

マジか〜・・・!!マジなのか〜〜〜〜〜!!!(発狂)

 

またもやカウンターのところへ行くと長蛇の列。

プライオリティレーンはないとのことで、ビジネスクラスだろうが並ばねばならず、

なんと、そこから1時間並んでやっとカウンターへ。

 

エールフランスの皆さま、

大雪で大量の欠航が発生し、乗り損ねた客が押し寄せているにも関わらず、

カウンター一個とかしかあけないんですよ。

発狂しそうな大勢の客を前に、「私これから休憩だもーん」とばかりにカウンターを閉める。

 

さすがストライキで有名な国だぜ。

 

と毒づきながら二宮金次郎ばりに立ちながら読書して待ちました、一時間(-_-;)

 

そして

「振替のチケット取ったよ。今日の22時だよ〜」という恐ろしい宣告を受けるのであった。

 

だって、今、朝の7時。

 

私)9時のミラノ行きに変えられない?どうせこうなったらそのまま目的地へ電車で行くよ。

エールフランス、以下エ)午前中は大雪で絶対欠航になるからやめといたほうがいいよ〜

私)パリ市内に行って時間潰すとかできそうな感じ?

エ)パリ市内も交通機関が雪で大混乱。やめといたほうがいいよ〜 エッフェル塔も入場制限だよ。

 

マジか〜〜〜

 

もういいや。空港で一日過ごす。

 

エ)これで朝ご飯たべなよ〜

 

と、ミールクーポン40ユーロくれた。朝ご飯にしては太っ腹。

 

折角なのでラデュレでピスタチオのケーキ食べました(笑)

 

 

で、夜22時まで空港のラウンジでワインを飲み、ネットして読書して時間を潰し、

やっと目的地に着いたのでした。

 

そう、一度は来てみたかった、ヴェネツィアです。うう、涙が出そう!

 

 

ちなみに、今回のエールフランスでの遅延・欠航は以下の通り。

4時間遅延で出発>乗り継ぎ便欠航>翌朝の便も欠航>22時発

そもそもスタートからコケているあたり、泣ける。

(ちなみに帰りも容赦なくdelayedの洗礼を受ける私であります)

 

満身創痍で辿り着いたヴェネツィア。しかし、ここからの旅は最高でございました!

 

つづく。

 

JUGEMテーマ:旅行

 

 

 

 

 

久しぶりにまとまった時間が出来たので、ブログ更新。

 

なかなか面白い(大変な?)旅だったので記録してみようと思います。

 

今回の行先は、イタリア。一人旅。40歳記念ということでビジネスクラス。

ちょうどセールを行っていたこともあり、

ワインや機内食が高評価のエールフランスに搭乗してみました。

 

 

前菜の時点ですでに結構おなかいっぱい。

シャンパンもワインも美味しかったし、

お酒好きには前菜程度でもおつまみになるのでこれで充分。

 

アメニティはクラランス、お菓子はFAUCHONとフランス感満載で、楽しかった〜♪

 

・・・と、幸せな気分に浸れるのは、ここまででした。

 

パリに着き、乗り継ぎ便の時間を確認すると「canceled」の表示。

 

げげっ、欠航?と慌てて乗り継ぎカウンターへ行くと

「この便はキャンセルになりました。

明日朝の便に振り替えたので、今夜はパリ泊してください。

 空港近くのホテルを手配しました。

ホテル代、3コースディナーと、ホテルまでの移動費をエールフランスが持ちます。

 一旦フランスに入国して、明日朝また来てください。」

と告げられる(T_T)

 

なぜなら、その日、パリには30年に一度、という規模の大雪が降っていたのでした!

 

おかげで沢山の飛行機の離発着ができず、空港内は大混乱。

 

私もまったく予想していなかったフランス入国となり、外へ出れば雪景色。

 

 

手配されたホテルはホリデイインでした。

The ビジネスホテルって感じでしたが、ディナーは美味しかったです。

 

 

ホテルの窓から外を見ると・・・ううむ、どんどん積もっている(笑)

 

 

波乱万丈な幕開けになりました。

 

そして、翌朝、更にひどい目に合う私なのですが、それはまた次回に。

 

JUGEMテーマ:旅行

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ピアノのレッスンに通い始めて1年が過ぎました。

中学2年の頃にソナチネ〜ソナタ入りかけで辞めたピアノ、

まさかこの30代終盤でハマって練習することになるなんて、当時思いもつかなかった展開。

 

ピアノ復帰してから、1年程度でソナチネ2巻まで弾けるレベルに戻れました。

最初は譜読みの仕方すら忘れていて焦ったわ〜。

 

最近は、バッハのインベンション弾いたことある?と先生が言うので、

(ヾノ・∀・`)ナイナイ!やってみたい!と気楽に言って始めてみましたが・・・

ぐぉぉ〜、ちょっとこれはやってみたことのない感じ。

右手と左手が独立してそれぞれメロディーを奏でるといった感じで、

右メロディー、左伴奏、とやってきた今までとは、明らかに曲の構造が違う!!

そして、きっとこれはボケ防止になると確信し練習に励む毎日です(笑)

 

月に2回のレッスンなので、

1回目→右と左を別々に弾く 2回目→両手合わせて完成度を高める

という形で、1か月に1曲ペースで進めています。

1番→4番→8番→10番(今ここ)とやってきましたが、お気に入りは8番。

 

※youtubeから拾ってきました、音が出ます

 

最初聴いた時、こんなん弾けるわけねぇ〜〜!!と思ったけど、意外となんとかなった。

そして音が飛び跳ねてぐるぐる回ってくようなイメージで、弾いててとても楽しい。

今まで左手を動かすのを疎かにしていたんだなあと痛感しながらも、

遥か遠い昔に、シンプルなのにこんなに完成度の高い楽曲を作っていたんだなあ、バッハさんよ・・・

さすが音楽の父ですよ・・・とか思いながら練習する毎日です。

 

あとは最近はお仕事で衆議院に行って来ました。

この業務、向いてない向いてないと思いながらも気づいたら何年か経っていて。

相変わらず向いてないわ〜と思ってはいますが、慣れってすごい。

初対面のおっちゃん達に囲まれても動じなくなったのは、歳のせいかもしれません。

 

 

BAR友達との定例軽井沢コンペも、気づけば12年くらい経っていて、

相変わらずみんなで楽しく集まれて、よかったよかった。

 

 

GWに愛犬を天国に見送って、一体どうなることかと最初は自分でも自分が心配でしたが、

愛犬が最期に見せた頑張りが今私を支えてくれているんだと思います。

こもさん、君はなかなか逞しいやつだったよ。

私は君との関係で究極の愛がなんたるかを学んだよ。

17年7か月の間、今まで本当にありがとう。

 

JUGEMテーマ:日記・一般


PR

Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

Archive

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM